sotto voce|久保田千裕 NAT13241

たゆたう時間(とき)の流れ、静寂のなかの歌声(ピアノ)

音楽には、人の五感にさりげなく、そっとそばに寄りそってくれるような優しさとぬくもりが備わっていると思います。
そしてピアノに<人格>があるとするならば、<ベーゼンドルファー>ほど心優しく、そのぬくもりを感じられる音色のピアノはないと思います。久保田千裕

1. F.ショパン:前奏曲 嬰ハ短調 作品45

2. R.シューマン:トロイメライ(「子供の情景」より)

3. M.ラヴェル:亡き王女のためのパヴァーヌ

4. L.v. ベートーヴェン:月光のソナタ 第1楽章

5. C.ドビュッシー:亜麻色の髪の乙女(「前奏曲第1巻」より)

6. J.ブラームス:間奏曲(「6つのピアノ小品集 作品118」より)

7. F.リスト:コンソレーション第3番

8. C.サン・サーンス(ゴドフスキー編曲):白鳥(「動物の謝肉祭」より)

9. I.アルベニス(ゴドフスキー編曲)タンゴ(組曲「エスパーニャ」より)

10. F.シューベルト(ゴドフスキー編曲):子守歌

11. F.シューベルト(リスト編曲):アヴェ・マリア





〈取扱い〉Amazon日本出版貿易株式会社
閉じる